小児喘息の症状が起こる原因と治療

少しだけ専門的な要素を取り入れて小児喘息の対処法をお伝えします。

ここでは分かりやすくお伝えすることを心がけておりますので、できるだけ簡潔にお話させていただきたいと思います。

今回は形式を少し変えて最初に喘息発作対処方法を言いますが、その方法とはズバリ、「小児喘息の種類を見極めること」です!

究極の喘息発作対処法は喘息の発作を起こさせないことになりますから、そのためには喘息の症状が起きる原因を調べることが重要になりますよね。

もし、小児喘息の種類を見極めることができれば、喘息の症状が起きる原因も調べやすくなり、小児喘息をコントロールして治療することができます。

これはどういうことかと言うと、喘息の症状が起きる原因って本当に様々なことが考えられるし、原因を探ることも非常に難しいということです。

だからこそ、小児喘息の種類を見極めることが、最低限必要となりますよね。

気管支喘息の原因はいくつか考えられますが、小児喘息の種類は「アトピー型」が90%で、残りの10%が「非アトピー型」と言われています。

アトピー型喘息と非アトピー型の違いはアレルゲンが特定できるか、できないかになり、詳しい説明は以下の通りになります。

アトピー型喘息

ダニ、ハウスダスト、かび、ペットのふけなどのアレルゲンを吸い込み、気道や気管支の粘膜がアレルギー反応を示し炎症が起きることで発症する喘息。

非アトピー型喘息

風邪、インフルエンザなどの気道感染ウイルスや、寒暖の差、たばこの煙、薬、ストレスなどが原因で発症する喘息。

アレルゲン

アレルギーの原因となる物質。

小児喘息の種類の見極め方

まず、喘息の症状が起きる原因のアレルゲンを特定することが重要になります。

もちろん医者に行って検査すれば、ある程度はアレルゲンの特定が可能ですが、じつは特定できないケースがあるんです。

この場合は非常に厄介なんですが、小児喘息の場合は親、もしくは保護者がきちんと見てあげることが必要となります。

そして喘息の症状が起こった時、何が原因だったのかをきちんと見極めてあげてください。

簡単な話ではありませんが喘息をコントロールするためには必ず必要となります。

小児喘息はアレルゲンを特定し、適切な治療を受けることで発作ができるだけ起こらないようにコントロールすることができます。

そして健康な子供と変わらない生活を送ることが可能なんです!